ワーキングホリデーについて

出国準備・持ち物

Should_i_bring_this これ持ってくべき?

これって必要??

-----------------------------

準備は徐々にしてきたとはいえ、

やっぱり直前になって、

「あれも必要!これも必要!」っていうのが

沢山出てきてしまい、

正直焦りまくりでした(^_^;)

-----------------------------

【 出国準備 】

まず、出国する前にしてきたこと。

<区役所にて>

①住民票を抜く

 実家に住民票を移しても良いですが、

 私の場合は、住民票を抜きました。

 なぜなら、②の国民年金に関わるのですが、

 住民票を抜けば、その間は国民年金を払う義務がなくなります。

 1年間海外に住むということを役所に伝え、

 必要事項を用紙に記入するだけ。簡単でした。

②年金の停止。

 先ほどの住民票の件とも関連しますが、

 1年間年金を支払う義務が無くなる代わりに、

 実際もらう金額ももちろん減ります。

 1年間年金払わないと、

 実際老後にもらう年金額が、「年間約3万円減」位だったと思います。

③健康保険の停止。

 お金を払うのが面倒なので、

 停止しました。

 これも、停止するか、継続するか、選択できます。

<免許センターにて>

①国際運転免許証の発行。

 証明写真を持って行き、お金を払って申請するだけ。

 2650円だったかな?

 当日に発行してくれます。

 (でも実際出てきたのは、紙に写真が貼ってあって、

 なんだかすぐにでも偽造出来そうなものでした(笑))

-----------------------------

【 持ち物 】

<持って来て良かったもの>

①デジカメ2台

 いやぁ~やっぱりこういうときに限って

 壊れるんですね~。カメラって。

 実際壊れました(笑)

 友達も壊れたし。

 また、極寒の中、デジカメを持ち歩くだけで、

 カメラが動かなくなる危険性もあります。

 予備として持ってきて良かった~。。

②日本のお土産

 やっぱりこっちに居ると、

 現地の人とも友達になれる。

 そうなると、仲を深める為に、

 日本のお土産が大活躍しました。

 100円ショップで買った大量のおりがみとか。

 それだけで、こっちの人は喜んでくれるものです。

③大量の写真

Photo  私の場合は、浴衣の写真や、

 旅行したときに撮った、神社の写真とか、

 家族写真とか、沢山持っていきました。

 それが良い話のネタになりました。

④日本の調味料

 やっぱりカナダの料理って

 ハイカロリーで、大味で、量が多い。

 それで、私は胃を壊しました(笑)

 やっぱり必然的に自炊を始めるわけですが、

 日本のものがこっちでも手に入りますが、全て値段が高い。。

 だから、「しょうゆ」「ソース」「かつおだし」「鶏がらスープの素」

 「ごま油」「わさび」「味噌」。。。

 これだけあるだけでも十分です。

 私は、「粉末緑茶」を持っていきました。

 これをクッキーの生地に混ぜたり。。大活躍です♪

⑤カラー液晶の電子辞書

Photo_3「日本人は必ず電子辞書を持ってる」って

言われる位、皆電子辞書を持っていますが、

カラー液晶のはなかなか持ってなかったりします。

 これでまた驚かれたり。

 これも良いネタです。

 ちなみに、私は英和・和英・英英で、別売り(SDカード)の

 仏和和仏の辞書を持って行きました。

⑥パソコン

Photo_4 これは言わなくても、皆持ってくるものですが、

やっぱりこれが有ってよかったって思いました。

私のは小さい10.5インチ。

しかも無線LAN内臓。カナダでは無線LANが発達していて、

カフェとかデパートとか無料の無線LANを利用できたりします。

LANカードより、無線LAN内臓の方が良いと思います。

-----------------------------

これらは、持って来て良かったな~って思います。

-----------------------------

<持って来なくて良かったもの>

①冬物の服

 こっちでは、日本人が多いので、

 日本人コミュニティーが各地にあります。

 そこで、私はロングのダウンコートを中古ですが、

 $25で買いました!!!これは超お買い得。

 冬物って、カナダの方が安くて物が良かったりします。

 結構どうにかなりました♪

-----------------------------

なんか、持ち物ってやっぱり増えちゃうけど、

現地でどうにかなったりするんだなって

学びました♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

<カナダMTLワーホリ お役立ちサイト一覧>

Photo ←いやぁ~へたくそです(笑)

まぁいいや♪

---------------------

モントリオール(略してMTL)へ来る為に

沢山の情報をウェブサイトから探しました。

お役立ちサイトをお教えします。

注)私は元々モントリオールのみに滞在する予定だったので、

  主にモントリオールで役に立ったサイトです。

-----------------------------

カナダ大使館

http://www.canadanet.or.jp/

-----------------------------

ワーキングホリデー協会

http://www.jawhm.or.jp/

-----------------------------

アブロードカナダ

http://www.abroadcanada.com/sitemap.htm

↑このエージェントは、バンクーバーにオフィスがあります。

 しかしながら、カナダについての情報満載です。

-----------------------------

TDカナダトラスト

http://www.tdcanadatrust.com/japanese/index.jsp

↑カナダの中でも大きい銀行です。

 バンクーバーには、日本人専用の窓口があるようです。

 よって、日本語サイトも有り。

-----------------------------

ケベック州政府観光局

http://wcs.ne.jp/bonjourquebec/index.html

↑観光などに役立つ現地情報満載。

-----------------------------

e-maple<カナダ総合情報サイト>

http://www.e-maple.net/index.html

↑ワーホリで、仕事をする予定の方は必ず必要な、

 SINの取得の方法などが載っています。

-----------------------------

ついでにSINのサイト。

http://www1.servicecanada.gc.ca/en/sc/sin/index.shtml

カナダで働く場合には、これが必要になります。

必ず取得してからでないと、働くことが出来ません

-----------------------------

人材カナダ

http://www.jinzaicanada.com/index.html

↑これは、英文履歴書(レジュメ)作りの際に、

とっても役に立つサイト。

該当箇所に必要事項を入れるだけで

英文履歴書が完成!

-----------------------------

在カナダ日本大使館

http://www.ca.emb-japan.go.jp/JapaneseSite/index_j.htm

-----------------------------

Ichikoの素敵に海外へ行こう!

http://kissxxxx.fc2web.com/index.htm

↑Ichikoさんのカナダワーホリ経験談や、

 とっても役立つワーホリ用「持ち物リスト」など見所満載。

-----------------------------

☆以下、モントリオールにて役に立つサイトです。

-----------------------------

from-montreal

http://www.from-montreal.com/

↑日本人なら、このサイトは欠かせません。

 ここには求人情報、アパート情報、イベント情報など

 日本人に必要な情報が集まっているサイトです。

-----------------------------

CoCo Montreal(ココモントリオール)

http://www.cocomontreal.com/index.htm

↑ココモントリオールという日本語フリーペーパーが

 モントリオールには有ります。

 そのウェブサイトです。

 ここには、現地でしか分からないような情報が満載です。

 (例えばコミュニティーセンターの語学クラスに関してなど)

-----------------------------

STM

http://www.stcum.qc.ca/English/a-somm.htm

↑これはモントリオールの地下鉄およびバス会社です。

 モントリオールはバスも充実しているので、

 ここでよくバスの時刻表等、調べています。

-----------------------------

montreal craigslist

http://montreal.craigslist.ca/

↑これは、モントリオールのクラシファイドのサイトです。

 アパート情報や、仕事情報が満載。

 これなら、現地の求人等も調べることが出来ます。

-----------------------------

マギル大学のクラシファイド

http://www.mcgill.ca/classified/

ここにもアパート情報等、載っています。

-----------------------------

これはおまけ↓

カナダポスト(カナダの郵便局)

http://www.canadapost.ca/segment-e.asp

-----------------------------

モントリオールの移民学校(フランス語)住所一覧

↑私はここで、フランス語を習っているところです。
 移民者が通う語学学校ですが、
 ワークパーミット(就労ビザ)があれば通うことが出来ます。
 (移民学校で英語を教えている場所もあるようなのですが、、、
  私はまだどこか分かっていません。。。)
-----------------------------
モントリオールの天気
↑これは必要ですからね♪
-----------------------------
こんな感じですかね??
思いっきりリンクばっかり貼ってしまいましたが、
これって、勝手に貼ってもいいんだろうか。。。??
一応、あるサイトの管理者には
断りのメールを送ってみたんだけど、
返事ないしな~。。。
何か問題有ったら、きっと連絡くれるだろう。。(^_^;)
そのときは、謝ろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ワーホリビザを申請するにあたって。

Photo ←下手な落書きですいません(笑)

これからもちょくちょく落書きを

登場させようかと思います(笑)

-----------------------------

そうそう、ワーホリビザを申請するにあたり、

友達は留学エージェントを利用したそうです。

(代行で申請してもらうっていう。。。)

しかしながら、私はその必要が無いと思ったので、

自分で情報収集、申請を行いました。

-----------------------------

カナダ大使館のHP

http://www.canadanet.or.jp/

ワーホリに関するページ

http://www.canadanet.or.jp/p_c/wh_geninfo.shtml

…2008年度からワーホリ申請料がかかるんですね。。

私が来た2007年度はまだ無料だったので、

ギリギリセーフだったわけだ!!!

-----------------------------

ある方の噂では(あくまでも噂です。)

申請料取る代わりに、

募集枠を2万人まで増やそうという案があるそうです。

(不確かですが。。。)

それだけ年々、カナダでワーホリをしようという

方々が増えてきている証拠ですね!!

-----------------------------

また申請書の書き方がイマイチよくわかりませんでした。

その時、ものすごく役に立ったのが、やっぱり「mixi」。

インターネットで検索しても

古いのやら新しいのやら、どれが本当なのか

情報が膨大すぎてよくわからないのですが、

mixiのワーホリ専用コミュニティーは

皆で作っている感があるので、

情報が確実に近い!!(しかも最新情報)

本当におススメです。

-----------------------------

…あれ?私のブログ、ちょっとハウツー本みたいに

なってきましたね(笑)

まぁいっか~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ワーホリ中に購入した本】

Photo_2 「ワーホリ準備で参考にした本」のついでに、

「用意しておけばよかった~。。。」と思い、

こっちの日本人コミュニティーウェブサイトで

中古の本をいくつか買いました。

この様に、カナダではそれぞれの都市に

日本人コミュニティーが存在しているようで、

個人個人で、物々交換や、日本の物を売買したり、

そんなことも出来ます。

でも日本の書籍を手に入れるのは、

なかなか難しいので、できるだけ日本で

ご用意頂いたほうがいいかな?

-----------------------------

*フランス語参考書

  →いやぁ~。。。これは無くて本当に困りました。

   「どうせ超・初心者だし。

   学校で教えてもらえばそれで分かるだろう」

   …なんて思ったのが大間違い!!

   一番最初の授業で。。。もうショックを受けました。

   「フランス語ってこんなに難しいの!?」

   …もしフランス語をこちらで学ぼうとしている方。

   ぜひ一冊日本語で説明の書かれた参考書。

   日本から持ってきてください!!!

   (じゃないと、きっと最初の授業でショック死しかけます(笑))

-----------------------------

*他の国の「ガイドブック」

  →モントリオールMontréalって

   「ニューヨーク中心街までバスで10~12時間程」

   「パリまで飛行機で6~7時間程」

   …旅行を第一の目的で来ているワーホリの方々も

   沢山居ます。私もこっちで沢山旅行しました。

   「もしかしたらニューヨークに行くかも!?」

   「もしかしたらパリに行くかも!??」

   って方はぜひともガイドブックを用意した方が

   後々重宝します♪

-----------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ワーホリ準備で参考にした本】

Photo まず、ワーホリへ行くと決めてから

色々と情報収集しなくては。。。と思い、

沢山のウェブサイトを参考にしたり

(↑また後日ご紹介します)

本屋や図書館で沢山の本をあさったり。

あの時の私は本当に生き生きとしていたと思います(笑)

-----------------------------

【ワーホリの準備で参考にした本】

*地球の歩き方 カナダ東部

  →これは定番。必需品。カナダ全土のもありますが、

   モントリオールが東部なので、

   ここについてより詳しく書かれているのを選びました。

-----------------------------

*地球の暮らし方(カナダ版)

  →これは地球の歩き方」の長期滞在者用。

   実際長期間暮らすために必要な情報満載。

   カナダの公共機関、各種制度、

   また、マナーなどについても詳しく書いてあります。

-----------------------------

*旅の指差し会話帳(カナダ版)

  →私、これ個人的に好きです(笑)

   可愛いイラストと共に必要最小限の単語・フレーズが

   書かれています。

   カナダ版には英語の他にフランス語もちょっとだけ

   載っています。これ便利で好きです♪

-----------------------------

*韓国語会話帳(ダイソー)

  →これは、今思えば私には必要無かったかな?

   なぜ買ったかって言うと、

   語学学校には、韓国人が沢山居るっていうから。。。

   私は全然使いませんでした。

   (現地のコミュニティーウェブサイトで売っちゃいました(笑))

   でも友達は韓国人の友達に良くその会話帳を

   使って、会話してたようです。

   別の友達はブラジル語までダイソーで買ったようです。

   バンクーバー辺りには、ブラジル人も多いそうですよ。

-----------------------------

こんな感じでしょうか。

本屋で沢山立ち読みもしました(笑)

とにかく自分一人で海外へ飛び出す訳ですから、

自分自身で沢山の情報を収集しないとと

本当に沢山の本を読みあさりました。

もちろんウェブサイトと共に。ね。

-----------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カナダ・モントリオール(Montréal)を選んだ理由

Maple_leef ワーキングホリデー。

http://www.jawhm.or.jp/

(これは日本ワーキングホリデー協会のサイトです)

このサイトを見ていただくと分かるとおり、

ワーキングホリデーで行ける国は9カ国あります。

(2008年1月現在)

この中で、どうしてカナダを選んだのか。

-------------------------------------

1.カナダというより、モントリオール(Montréal)に行きたかった。

どこに行こうと悩んだとき、

これもまたmixiのコミュニティーで知り合った方から

そういうお話を頂きました。

「モントリオールがおススメです。

 なぜなら、カナダの中でもココはフランス語圏!!」

(えぇ~!?カナダ人の中にフランス語話す人が居るの?)

↑その時はそう思いました。

「でも、モントリオールの人々は英語とフランス語の

 バイリンガルの人がほとんどだから、

 英語も学べて、フランス語も学べる!」

(…なんてお得な街なんだ!!)

「街並みもヨーロッパ風できれいなんですよ」

(…こりゃ~ココにするしかない!)

…こんな感じで単純な私は無謀にも「フランス語」にも

手を出すことにしました(笑)

-------------------------------------

2.カナダは比較的治安が良い。

私は海外経験が本当に無くて、

(なんてったって、家族旅行のサイパンのみ)

「海外が怖い所」っていうイメージが強かったのです。

(ビビリですから(笑))

その中でも治安の良いとされているカナダなら

なんとか行けるかな~なんて思いました。

-------------------------------------

3.カナダにはオーロラがある!!

私、「オーロラを見ること」が沢山ある夢の中のひとつで、

本当に憧れています。

カナダのオーロラの名所は「イエローナイフ」という所です。

しかしながら、ワーホリで8ヶ月も居るのに、

いまだに行けていません。。。

しかも今後も行けそうにありません。。。

(お金ないんだもん。。。)

まぁこれは、一度日本に帰って、カナダへ再度来る時にでも

再度挑戦しま~す(笑)

ツアーも沢山あるしね。

-------------------------------------

4.比較的、なまりの少ない英語を学べる。

英語の発音はどれが正しいなんて無いんだけど、

自分達は英語の勉強が始まった頃から、

「アメリカン英語」を習ってきました。

だから、それに近い発音って思ったんでしょうね。。。

(だからと言って、アメリカには憧れはありませんでしたが)

今思えば、所変われば、発音だって言葉だって変わるし、

その土地では、それが正しいものだから、

どれが間違っているなんて無いのに。

(日本にもたくさんの方言やなまりがあるのと同じように)

ちょっと私にも偏見があったのかもしれません。。。

(反省。。)

-------------------------------------

5.なぜか他の英語圏より魅力を感じた。

…これは、正直直感です。

なんでなのかはイマイチ説明できませんが、

なぜか、すぐに「カナダ」って思ったんですよね。

アメリカって国はあんまり気が向かなかったし、

もしかしたら、知り合いの知り合いが、

「オーストラリアに行く」っていうのを

聞いたからかな。。??

ひねくれものの私は

「同じところは嫌」なんて思ったのかも(笑)

-------------------------------------

【写真】

10月末頃に、学校の近くの公園で見つけた

メイプルの葉。

こんなに真っ赤になるんですね。

-------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワーキングホリデービザで海外へ行こうと思ったきっかけ

In_toronto カナダ・モントリオール(Montréal)に来てから、

もうすでに8ヶ月が経ちました。

時間が経つのは早いです。

ここに来れたこと。本当に良かったと思っています。

-------------------------------

ところで。。。

ワーキングホリデー制度を利用し、カナダに来たきっかけとしては。。。

1.一度でいいから海外生活がしてみたかった。

海外旅行と言えば、中学生の時に家族で行ったサイパンのみ。

短大の卒業旅行ですら海外へは行きませんでした。。。

でも、なぜか小さい頃から「世界ふしぎ発見」ていうテレビ番組が好きだったり、

一時期小学生の時に流行った「プロフィール帳」(友達に用紙を配ってプロフィールを書いてもらうあれです。)にも

「海外永住」 「国際結婚をする」

…なんて書いてました。

当時は大して意味わかってなかったと思うけど。

幼いながらも、なんとなく、憧れや興味が向いていたのかもしれません。

-------------------------------

2.英語を習得したかった。

英語ができるだけで、その人は私には輝いて見えました。

そういう人に自分もなりたかったのか、

社会に出て、「習い事」を始めようとしたときに、

真っ先に「英会話」を選びました。

でも実際、2年間英会話学校に通っても、全然上達せず。。。

もうこれは思い切って海外に出たほうが早い!!なんて思ったのです。

-------------------------------

3.mixiで、ワーキングホリデーというものを知った。

私は、海外に英語を学びに行くのに、

留学っていう手段しかないと思っていました。

…まだ無知だったんですね。。。

でも留学っていうmixiのコミュニティーで

ワーホリ制度を知ったのです。

それを知った時から、私の進む方向は決まったと言っても

過言ではありません。

http://www.jawhm.or.jp/

(日本ワーキングホリデー協会のサイトです)

-------------------------------

4.海外で働きながら、資金を補いつつ、海外生活を送ることができる。

…これはワーホリ最大の特徴です。

就労許可証があるっていうだけで、今思うと、お得なことが本当に沢山ありました。

学生ビザでは通うことの出来ない「移民学校」にて

語学を超破格の値段で学ぶことができたり。

移民者ではないのに、移民者と同じようなサービスを受けられたり。

(全てではありませんが)

もちろん、自分で生活資金も稼げる。 

(ビンボーOLだった私には本当に重要!)

それだけでも十分長期滞在が可能になります。

長期滞在するって、旅行などの短期じゃ分からない部分も沢山体験できる。

それだけでもすごいことだと思います。

-------------------------------

5.今の年齢なら、一度会社辞めてワーホリから戻ってきても社会に復帰できる。

自分がやりたいことをするのに、「年齢は関係ない」

そう思いたいですが、実際のところ、

日本の社会は、まだまだ厳しいです。。。ひぇ~。。。

中途採用も年齢制限ある場所多いし。。。

今ならまだ戻ってきても再復帰できる年齢!

(これで年齢ばれちゃった??)

親も、おじいちゃん、おばあちゃんも元気だし、

私はまだ独身だし(笑)何にも責任背負ってないし!

今しかない!と思ったのです。

-------------------------------

6.自分を試してみたかった。

いやぁ~、自分としては間違った人生送ってはいないと思っていたし、

人生に迷っていたわけでもないんです。

会社をすっごく辞めたかったわけでもない。

だからと言って、自分にはこれといった「とりえ」も無い。

でも、やっぱりやりたいことは心の奥底にずっとあって、

それに賭けてみたい。なんて思っていたんだと思います。

また、それで自分がどこまでやっていけるのか、

実力も見てみたかった。

…人生で一度くらい、冒険してみてもいいかなって。

-------------------------------

今ざっと挙げて、これくらいかな??

やりたいことをやらずに後悔するより、

実際やってみて後悔するほうが、マシ。

その方が納得して諦められる。

自分はそう思い始め、実際に行動してみた次第であります。

-------------------------------

【写真】

初めて航空会社エアカナダの飛行機に乗ったときに撮った写真です。

懐かしい。。。

-------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (1)