トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

空港in Montréal

さまざまな災難(?)の末、

なんとかたどり着いたモントリオール。

モントリオール・ピエール・エリオット・トルドー国際空港。

(Aéroport international Pierre-Elliot-Trudeau)

↑空港ももちろんフランス語。

なんだか響きだけでかっこいい~♪♪

-----------------------------

とりあえず、良くわからないので、

人の流れについていくことに。

そしたら、荷物のピックアップ場所に着きました。

-----------------------------

そこでは、皆各自の荷物を待ってました。

私はなんだかんだで、全然出てこなくて、

30分くらいは待った様な気がします。

-----------------------------

荷物がベルトコンベアーで流れてきて、

すぐに取りに行き、一息ついたはいいけど、

「そういえば、こんなに重かった。。。」って

改めて、荷物の重さにビックリしたりして。

最近、重量が改正されて、

エアカナダは荷物1個23キロ(最大2個)までしか

だめになったけど、当時は32キロまでOKでしたから。

私はギリギリの31.7キロのトランクを

預けました(笑)

-----------------------------

その後荷物を引きずりつつ、出口付近へ。

なぜなら、ホームステイ先のホストファミリーが

迎えに来てくれるはずだからです。

どきどきしながら、歩いていくと、

そこには私の名前が書かれている紙を持っている

キレイなお姉さんを発見。

-----------------------------

一瞬圧倒されました。。。

だってキレイなんだもん!!

でも最初が肝心とばかりに、

「Nice to meet you!」と必死で笑顔で挨拶しました。

そして、お姉さんもきらきらの笑顔で応対してくれました。

そのお姉さんは、もうすでに3人の子供を持つお母さんでした。。

でもキレイで若く見えたからビックリ。

そのママはフランス系。

パパはイタリア系だそうな。

-----------------------------

そのご家族は、

当日まで、フロリダに旅行してたそうな。

その帰り道、迎えに来てくれたんだって。

-----------------------------

そして、車に乗ると、そこには

ちっちゃい赤ちゃんがぐっすりお休み中。

彼の名前は「アンソニー」。

もう天使のような寝顔です。

-----------------------------

私は空港から、家まで、ずっと外を見ていました。

たった30分の道のりがあっという間に感じられた。

だって、日本じゃ見られないような

建物ばかりなんだもの。

ヨーロッパ風で少し古めかしいのがまた味があって。

4月であっても、まだ雪が残っていました。

-----------------------------

そして、無事ステイ先のおうちに到着。

-----------------------------

そしたら、また元気一杯の子供達。

一番上のお姉ちゃん「ビクトリア」

真ん中の男の子「トーマス」

一番下の男の子「アンソニー」

-----------------------------

早速当日から一緒に遊んでくれた。

子供達は元気すぎる程に元気です(笑)

-----------------------------

また、そのとき、「私のあだ名は「アミ」だよ。」

っていうと、フランス語が第一言語のお母さんは、

「アミっていうのは、フランス語「ami(e)」で、「友達」っていう

意味なんだよ」って教えてくれた。

-----------------------------

改めて、私のあだ名が更に好きになりました。

-----------------------------

さて、これから、どういう生活が待ってるんだろうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

飛行機の中で大混乱。

Photo ←ついにワーホリ生活も

スタート地点に立ちました。

これから、どっちの方向へ進むのだろうか。。

-----------------------------

Photo_2飛行機にひとりで乗るのは初めてということで、

全てがドキドキでした。

ドリンクオーダーするのでさえ。

英語が聞こえるだけで、わくわく。

でも、隣に座った中近東のおばさんが話しかけてくれたにも

かかわらず、私はちんぷんかんぷん。。。

なまりがあるせいも有り、、、全然聞き取れませんでした。

-----------------------------

入国カードもちんぷんかんぷん。

あとから、彼氏様に教えてもらったんですが、

ガイドブックにどう書くか、案内があったみたいですね(笑)

知らずに、一生懸命辞書で調べて書きました。

そのせいもあって(?)

実際の入国審査の時、

ちょっとだけ、疑われたり。

「ほんとうか??」って聞かれました。。

どっか怪しいところがあったんでしょうな~。。。

-----------------------------

また、ドリンクオーダーの時に、

私は調子に乗って、「カナダのビール」を頼んでしまったのです!

これは大失敗~。。。

なぜなら、上空は気圧が低いせいか、

普段より酔いやすくなるそうなんです。。これも知らず。。。

いやぁ~。ひどかった(笑)

全然飛行機内で眠れもせず、

その上、3回位、トイレに駆け込みました。。。

なぜなら、ビールのせいで、、、嘔吐です。。。

すいません。汚い話で(笑)

いや~、普段あんまりビールも飲まないくせに、

調子に乗ったのがいけなかったですな(笑)

-----------------------------

でもね、カナダのビールは飲みやすかったのよ。。?

だって、日本のビールみたいに辛口じゃないんだもの。

マイルドだったし。

-----------------------------

これらの話を皆に話すと大笑いされました。。

まぁこれもいい経験ですな♪

-----------------------------

12~13時間ほど飛行機に揺られ、トロントへ。

-----------------------------

そこで、入国審査。

(例の入国審査事件発生(笑))

-----------------------------

再び飛行機に乗り、トロント→モントリオールへ。

約1時間の旅。

(トロントまでの道のりがひどかったため、

 ここは爆睡)

-----------------------------

無事、モントリオールの空港へ着きました。

…いやぁ~。。。疲れました。

長旅では色んなことがありますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しばらくお別れ。<出国>

Photo ←成田空港にて。

見送ってくれた皆としばしのお別れをした瞬間。

これは彼氏様が撮ってくれました。

2007年4月14日。

-----------------------------

私がカナダを出発するため、

妹と一緒に住んでたアパートも引き払って、

妹も引越し。

私も引越しの準備+ワーホリの準備に

毎日遅くまで時間を割いていました。

+沢山の送別会(飲み会)。。。

時間があるようで、あっという間に出国日当日。

-----------------------------

でも、前日まで、引越しの準備が終わらず。。。

あとは、妹にお任せすることに。。。

とりあえず、捨てていいものは一通り整理したけど。。。

申し訳ない!妹よ~!!

-----------------------------

そして、徹夜して、何とか出発の準備はしたものの、

トランクが閉まらない!!

そのうち、成田空港まで送ってくれるうちのお父さんも

私達のアパートに到着。

3人で一生懸命上から押し込み、なんとか閉まりました(笑)

↑「これって良くドラマとかで見るじゃん~」とか言いつつ(笑)

-----------------------------

そしてとりあえず詰め込んだトランクひとつに、

小さめのボストンバックだけで持って成田空港へ。

-----------------------------

その車の中で、お父さんに「ありがとう。」と。

お父さんは、「頑張れよ」と。

あまり多くを語らないうちのお父さんの言葉は

重みがある気がしました。

-----------------------------

そして、その車の中で、

「今日、うちの彼氏が空港に送りに来るの。」

と告白。

多分、驚いていただろうな~。。。

でも、動揺を見せないお父さん。さすがです。

-----------------------------

なぜなら、今回初対面だったんだもの。

お父さんと彼氏。

-----------------------------

彼氏様は初め、見送りをちょっと躊躇していました。

なぜなら、お父さんに会うから!!

そりゃ緊張しますわな。

分かります。

でも、勇気を出して、来てくれたんです。

-----------------------------

彼とは空港で待ち合わせ。

電話でやり取りし、実際会ったときには、

少し緊張の面持ちだった彼。

私は。。ちょっと笑っちゃった。ごめんなさい。

でも本当に嬉しかった。ありがとう。

-----------------------------

チェックインが終わった後、皆で寿司を食べました。

しばらく食べれなくなるだろうってことで。

(実際はカナダにも寿司レストランは沢山あるんだけど)

このときは、お寿司ともしばらくお別れね。なんて。

(実際はカナダでも寿司は食べれるんだけど)

-----------------------------

そして、少し日本のお土産を買って。

-----------------------------

Photo_3 ←出国。

こんな小さな荷物じゃ納まりませんでしたが。

これは1週間くらいの旅行かしら。

-----------------------------

そうこうしているうちに、もう搭乗時間が~!

なんだかんだでドタバタと皆とお別れしました。

涙涙のお別れって感じじゃなかったけど、

後から聞いた話。

妹は少し泣きそうだったみたい。

そうだよね。残されるほうが辛いって良く聞くものね。

ごめんよ。。。気づかなくて。。。

初の一人旅。

初の一人での飛行機搭乗。

そのときは私自身がいっぱいいっぱいだったみたい。

-----------------------------

Photo_2 ←真ん中に遠くへ飛んでいく飛行機が

見えますでしょ。

これが私の乗った飛行機だそうです。

…これは泣きそうになりますな。。。

彼氏様撮影。

-----------------------------

これで、

日本とも、家族とも、彼氏様とも、

しばらくのお別れ。

またの再会を楽しみにしつつ、

私は新しい旅へ。新しい世界へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出国前の思い出作りin鎌倉

もう少しでカナダへ。という時にできた

私の彼氏さま。

ほんのちょっとだけど、思い出を作ることが出来ました。

-----------------------------

鎌倉に行ったのは、2007年3月末。

東京からそんなに遠くないので日帰りで。

-----------------------------

朝の弱い私を、旅行となると朝にとっても強い彼が

起こしてくれました。

(彼はいつも旅行の日は4時起き5時起きでも平気)

寝ぼけ眼のまま、出発。

グリーン車に乗って。

-----------------------------

Photo 鎌倉の円覚寺で見たスミレ。

スミレってそういえば、

うちの地元じゃ見なくなったかも。。。

-----------------------------

Photo_2 円覚寺の一風景。

このおじいさんが

とってもいい味出してます。

とっても品がある。。。

-----------------------------

Photo_3 そういえば、桜の季節に

行ったんだったな~。。。

懐かしいです。

-----------------------------

Photo_4鎌倉といえば、

この大仏。

大仏の中にも入りました。

中は真っ暗な空洞。

-----------------------------

In 佐助稲荷神社の

たくさんの鳥居。

なんだか、入っていいのか

ちょっと躊躇したりして。

-----------------------------

一日中歩き回っていたので、

夕方にはヘトヘトになって、さっさと帰りました。

-----------------------------

体力が無いから、歩き回るのは結構辛かったんだけど、

日本らしい場所に行けたこと、

彼と日帰りでも旅行が出来たこと、

良い思い出が出来ました。

-----------------------------

もちろんこの写真はカナダへ。

日本紹介の際に、大活躍。

-----------------------------

これで、

彼との旅行もしばらくおあずけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私が日本を離れるってことで、

寂しがってくれたうちのひとり。私の親友。

-----------------------------

彼女は、まっすぐで、

ちょっと強がりで、

でも寂しがりやで、

本当はつらくても辛いと言わない、

素直かと思いきや頑固だったり、

でも私とは長年一緒に過ごしてきた仲。

いつも私は彼女と一緒に

カラオケ行ったり、びっくりドンキーで

ハンバーグを食べたり。

くだらないことでも一緒に楽しめる。

-----------------------------

彼女が、私に対して、

「カナダに行ってる間、私耐えられるかな~」

って言ってくれた。

その言葉だけで、私の存在する意味を語ってくれたようで、

私は、申し訳ないと思いつつも、

すごく嬉しかったり。

-----------------------------

でも、彼女は、

その頑固さのせいで、

自分の辛いこととか、口に出せない部分がある。

私もそうなんだけどね。

メールが無い時ほど、

彼女は辛さと戦ってるんだなって。

でも、私には待つことや、気を紛らわすことしかできない。

だから、彼女が私に話してくれるのを待つ。

-----------------------------

でも、今は遠くて、なかなか話を聞いてあげられる

機会が無くて、申し訳ないなって思うし、

私も話を聞いてもらいたい。。。

あと3ヶ月。

もうちょっと私もガマンするから、

○○ちゃんももうちょっと待っててね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまには恋に関することも書いてみようかしら。

だけど、今まで下手なりに挿絵を描いてみたけど、

今回は絵が描けなかった。

やっぱり恋って「これ」っていう正しいものが無いし、その形も人それぞれ。

だから、はっきり形に表すことができなかった。

-----------------------------

カナダも「同姓同士」の恋っていうのがオープンで、友達にも何人か居る。

そういう人達も皆生き生きと恋してる。

日本もほんの少しずつだけど、そういうのもオープンになってるから、

やっぱり恋の形は、十人十色。

-----------------------------

自分はっていうと、

今、カナダに来て改めて、

「私は日本人男性に合うように出来上がってるんだ」って

思うようになりました。

カナダに来る前は、そりゃ外国の方にも興味があり、

外国人の彼氏♪なんて、ちょっとした憧れもあり。

-----------------------------

でも、出発する直前に、日本人の彼氏が出来ました。

そういう事になるなんて思わなかった。

しかもそのちょっと前まで、別の人に対してのうまく行かなかった想いを

引きずっていたし。

それに、自分もいくら遠距離恋愛経験したことあるとはいえ、

海を越えたことなんて無いし、

長期間会えないことに耐えられる自信もなかった。。。

-----------------------------

でも、やっぱり彼には惹かれるものがあったし。

彼が居たことで、私も元気になれた。

叶わなかった恋も彼と一緒に居る間は忘れられたり。

それって卑怯な女ってことも分かってたけど。

-----------------------------

それに彼に背中を押してもらって、カナダに来たようなもの。

本当はずっとカナダに行ったほうがいいのか悩んでいたから。

-----------------------------

その頃の私は、彼にだいぶ甘えてしまってた。

心の葛藤を忘れさせてくれたから。

自分はずるいかもしれないね。

-----------------------------

でも、これで良かったんだって改めて思う。

今では、そんな私でも受け止めてくれる彼のその大きな心と、

自分をしっかり持っているところと、

私を成長させてくれるところと。。。

挙げればきりが無いほど、彼を尊敬してる。

一生懸命ついていかなくちゃって。

彼が居なくちゃもう私はダメかもしれないって思うくらい。

-----------------------------

今考えること。

私は彼に何ができるだろう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出国準備・持ち物

Should_i_bring_this これ持ってくべき?

これって必要??

-----------------------------

準備は徐々にしてきたとはいえ、

やっぱり直前になって、

「あれも必要!これも必要!」っていうのが

沢山出てきてしまい、

正直焦りまくりでした(^_^;)

-----------------------------

【 出国準備 】

まず、出国する前にしてきたこと。

<区役所にて>

①住民票を抜く

 実家に住民票を移しても良いですが、

 私の場合は、住民票を抜きました。

 なぜなら、②の国民年金に関わるのですが、

 住民票を抜けば、その間は国民年金を払う義務がなくなります。

 1年間海外に住むということを役所に伝え、

 必要事項を用紙に記入するだけ。簡単でした。

②年金の停止。

 先ほどの住民票の件とも関連しますが、

 1年間年金を支払う義務が無くなる代わりに、

 実際もらう金額ももちろん減ります。

 1年間年金払わないと、

 実際老後にもらう年金額が、「年間約3万円減」位だったと思います。

③健康保険の停止。

 お金を払うのが面倒なので、

 停止しました。

 これも、停止するか、継続するか、選択できます。

<免許センターにて>

①国際運転免許証の発行。

 証明写真を持って行き、お金を払って申請するだけ。

 2650円だったかな?

 当日に発行してくれます。

 (でも実際出てきたのは、紙に写真が貼ってあって、

 なんだかすぐにでも偽造出来そうなものでした(笑))

-----------------------------

【 持ち物 】

<持って来て良かったもの>

①デジカメ2台

 いやぁ~やっぱりこういうときに限って

 壊れるんですね~。カメラって。

 実際壊れました(笑)

 友達も壊れたし。

 また、極寒の中、デジカメを持ち歩くだけで、

 カメラが動かなくなる危険性もあります。

 予備として持ってきて良かった~。。

②日本のお土産

 やっぱりこっちに居ると、

 現地の人とも友達になれる。

 そうなると、仲を深める為に、

 日本のお土産が大活躍しました。

 100円ショップで買った大量のおりがみとか。

 それだけで、こっちの人は喜んでくれるものです。

③大量の写真

Photo  私の場合は、浴衣の写真や、

 旅行したときに撮った、神社の写真とか、

 家族写真とか、沢山持っていきました。

 それが良い話のネタになりました。

④日本の調味料

 やっぱりカナダの料理って

 ハイカロリーで、大味で、量が多い。

 それで、私は胃を壊しました(笑)

 やっぱり必然的に自炊を始めるわけですが、

 日本のものがこっちでも手に入りますが、全て値段が高い。。

 だから、「しょうゆ」「ソース」「かつおだし」「鶏がらスープの素」

 「ごま油」「わさび」「味噌」。。。

 これだけあるだけでも十分です。

 私は、「粉末緑茶」を持っていきました。

 これをクッキーの生地に混ぜたり。。大活躍です♪

⑤カラー液晶の電子辞書

Photo_3「日本人は必ず電子辞書を持ってる」って

言われる位、皆電子辞書を持っていますが、

カラー液晶のはなかなか持ってなかったりします。

 これでまた驚かれたり。

 これも良いネタです。

 ちなみに、私は英和・和英・英英で、別売り(SDカード)の

 仏和和仏の辞書を持って行きました。

⑥パソコン

Photo_4 これは言わなくても、皆持ってくるものですが、

やっぱりこれが有ってよかったって思いました。

私のは小さい10.5インチ。

しかも無線LAN内臓。カナダでは無線LANが発達していて、

カフェとかデパートとか無料の無線LANを利用できたりします。

LANカードより、無線LAN内臓の方が良いと思います。

-----------------------------

これらは、持って来て良かったな~って思います。

-----------------------------

<持って来なくて良かったもの>

①冬物の服

 こっちでは、日本人が多いので、

 日本人コミュニティーが各地にあります。

 そこで、私はロングのダウンコートを中古ですが、

 $25で買いました!!!これは超お買い得。

 冬物って、カナダの方が安くて物が良かったりします。

 結構どうにかなりました♪

-----------------------------

なんか、持ち物ってやっぱり増えちゃうけど、

現地でどうにかなったりするんだなって

学びました♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

退社

Sake SAKE(酒)です。

…どっちかっていうと、私は焼酎派。

-----------------------------

会社を辞める日。2007年3月31日。

その日が近づくにつれて、

日に日に飲み会が多くなりました。

それが丁度2007年2月~3月頃。

-----------------------------

そういう時に限って、

皆泣かせるようなことを言ったり。

-----------------------------

「お前は、残業だらけでも

 よく頑張ってこれたな~」

「お局さんがどんなきついことを言っても

 よく辞めなかったなぁ~。」

「あの部署でよくやってこれたなぁ~」

「まわりには派遣さんだらけなのに、

 よくまとめられたな~」

「お前が居なくなると、

 あの部長さんが悲しがるぞ~」

「本当に辞めるのか?」

「お前が居ないと、あの仕事はどうすんだよ~」

「カナダで辛くて泣くなよ~?」

「会社が嫌で辞めるなら、俺は全力で止めるけど、

 やりたいことがあって辞めるなら、

 俺は止めないぞ」

「精一杯やってこい!」

-----------------------------

たった4年しか働いてない女に対して、

これがお世辞だとしても、

私には、すごく響いたりして。

私のワガママのせいでやっぱり迷惑かけた人も居るし。

それでも、そういってくれる人が

いるだけでも幸せかなって。

-----------------------------

人をほめるって簡単そうで

とっても難しい。

多分、責めるより全然難しいと思う。

-----------------------------

でも、その一言で救われることもあるし。

-----------------------------

…だから、精一杯頑張らないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語/English/anglais

Noi_dont Do you speak English?

→No, I don't.

-----------------------------

英語を始めたのは中学1年生から。

同世代の人は皆これくらいから英語の授業があったはず。

今の子供達は小学生から英語を始めたり、

私立の幼稚園とかは、幼稚園生から英語に触れられたり。

英語は好きだったけど、

やっぱり出来なかったんですよね~。。。

さっぱりわからなかった。

-----------------------------

社会人2年目になった時、

会社にも慣れてきたし、

何か新しいことと思って、まっさきに「英会話」を選びました。

-----------------------------

英会話学校のイー○ンへ通いました。

最初は1年通えばペラペラになるなんて思ってました。

いですな

-----------------------------

でもいくら経ってもその英語ペラペラのゴールが見えなくて。

なおかつ、相変わらず、外国の人が先生であっても、

緊張するし。。。

(2年も通っておいて(笑))

-----------------------------

イー○ンは、日本人の先生の授業も、

授業中は一切日本語を使えないですが、、

リラックス出来たので、良かったのです。。。

でも、多分、私も仕事との両立で疲れてたのか、

本気で英語習得しようと努力してなかったのかもしれない。

だって、日常生活では、全然英使わなかったし

だから、英語がまったく身に付かなかったんです。

-----------------------------

こりゃお金ももったないし、

もう「さっさと海外に行ってしまおう」って

「行ってしまえばなんとかなるだろう」なんて思いました。

-----------------------------

…んでとりあえず来てみたんです(笑)

-----------------------------

まず、行きの飛行機の中でも大混乱。

話しかけてくれた隣の席の中近東のおばさんと

全く会話が成り立たず。。。

ホストファミリーとのコミュニケーションが取れないことが

本当に自分を悩ませ、

カナダで通った語学学校でのクラスでも

皆がしゃべれるので、

私は足手まといになっているような感じがして

また落ち込み。。。

-----------------------------

もちろん外国の友達なんて出来やしない!

-----------------------------

こんなんでも、なんとか今ではそれなりに

コミュニケーション取れるようになっただけでも良いかな?

-----------------------------

こっちに来て分かったこと。

☆なぜ英語圏に身を置くことで英語が身に付くか。

 →それは自分が必死になるから(笑)

 →やらなきゃいけない義務感が出てくるから。

 →毎日嫌でも英語に触れられるから。

 →落ち込んだってどうにもならないから。

 →とにかくやるしかない!

-----------------------------

これだから、海外に出たほうが

英語習得には早いってことなんですな。

って私は結論を出しました。

-----------------------------

ただ、そこで英語が嫌いになる人もいるし、

その場所が嫌いになる人もいるし、

海外で毎日遊んでしまう人もいるし、人それぞれ。

自分はその場所が嫌いになりたくなかったし、

このワーホリは語学目的だったし、

とりあえず現地の人と喋りまくりました。

-----------------------------

英語は、そんな感じで自然に身に付いた気がします。

だってカナダでは、語学学校も1ヶ月しか通ってないし。

みんな現地の人や日本人の友達が教えてくれた。

そうこうしてるうちに現地の友達も自然と増えた。

いい友達を持つって、やっぱり大切。

-----------------------------

文法めちゃくちゃだけど(笑)

コミュニケーションが取れることが一番と思ってなんとかやってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一期一会。

Photo ←共に歩く。

大切な友達とは

いつまでもこうやって一緒に歩きたい。

-----------------------------

自分はどれだけ不器用かっていうのは

自分が一番分かってると思います。

でも、それでも気づかないことは、

友達が教えてくれたり。

それは、信頼しているから、

相手の言葉も素直に受け入れられる。

-----------------------------

カナダに来る前の私は、なぜかちょっと自信過剰で、

でも、人間関係に関しては、

「家族と信頼できる友達と、彼氏が居ればそれで生きていける」

そう思っていました。

人間関係も極端に狭く深くの人間でした。

余計に友達を増やすと疲れるし。。なんて思ってたので。。

-----------------------------

でも、カナダですごく思ったこと。

「一期一会。その時々も大切にしなくっちゃ」

-----------------------------

海外留学する人で、結構居るのが、

「語学目的で来てるんだから、

 日本語で会話したくない。

 だから日本人の友達は作らない。」

↑これは間違いだと私は思います。

まぁ日本人だけでつるむのも

良くないことだとは思いますが。。。

-----------------------------

でも、なぜか、海外に来ている日本人って

こういう人多いんですよ~。。。

(もちろんそうじゃない人も多いですが。)

これってモントリオールだけかと思ってたら、

他の国に留学したことのある友達とかも同じことを

言ってたので、日本人特有なことみたい。。。

(他の国の人は、同じ人種でも仲良くしてるし)

海外で会う日本人同士はなかなか打ち解けられない。。。

これって、何かライバル精神が邪魔しているのかしら。。。

-----------------------------

でも、今だから言えることだけど、

一番自分が困っているときに、

助けてくれるのはやっぱり「日本人」。

同じ人種だからこそ分かり合える事もあります。

-----------------------------

文化の違いって、やっぱりなかなか越えられないもの。

言葉の壁って、思ったよりも高いもの。

-----------------------------

私が今、こうやって長期滞在できてるのも、

家賃・食費を稼げるようになったのも、

カナダで偶然出会った日本人女性から、

日本食レストランでの求人を紹介してもらったから。

-----------------------------

私が今、こうやってフランス語に挫折せず続けられてるのも、

カナダで偶然出会った、フランス人の旦那様が居る

ある日本人女性に励まされ、

どうフランス語を習得したか、アドバイスくれたから。

-----------------------------

私が今、こうやってホームシックにも負けずに

カナダ生活を続けていられるのも、

やっぱりカナダで知り合った日本人の友達が

励ましてくれたから。

-----------------------------

こうやって、困った時、悩んだ時も

やっぱりそれを解決してくれたのが「日本人」。

日本ではきっと会わなかったであろう人とも

こうやって知り合えたこと、一期一会を大切にしなくちゃって

今ではそう思います。

-----------------------------

これから出会う人には、

私もそうやって接していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心境の変化(カナダにて)

Photo ←「心境の変化」を絵に描くと

  こんな感じかな?

  …下手でもいいんです(笑)

自分が楽しければ♪

-----------------------------

カナダに来て、私にも沢山の心境の変化や、

価値観の変化がありました。

もちろん「滞在期間」についても。

-----------------------------

【当初の予定(2007年4月)】

お金ないしな~。。。

もっと貯めとくべきだったなぁ~。。

海外に滞在できただけでも目標達成♪

だから、3ヶ月から半年居れれば十分だわ♪

カナダの冬は寒いし、それは避けたいしな~。。

(マイナス30度なんてムリ!!)

3ヶ月居れば、ちょっとは英語も上達するかな?

-----------------------------

【3ヶ月後(2007年7月)】

おっと!もう3ヶ月!??

結構あっという間に経ってしまうのね~。。

英語も全然じゃん!!

モントリオールは夏イベントばっかりで

こっちの生活もちょっとずつ楽しめてきたのに。。

半年まで伸ばすか。。。

-----------------------------

【半年経過(2007年10月)】

やばっ!!もう半年経っちゃた!!

今、丁度英語もコツを掴んできたところなのに~。。

フランス語だって、せっかく始めたのに~。。

日本人以外の友達だって増えたのに。。。

今帰ったら、後悔しそう!!

…12月(年末)まで様子みるか。。。

-----------------------------

【8ヶ月経過(2007年12月)】

えぇ~!?どうしよう。。

友達が沢山できて、

英語もコツをつかめてきたし、

フランス語だってコツをつかめてきた。

どうするべきか!?

極寒(マイナス30度)を経験するべき!?

そうするべきなんだろうな~。。。

-----------------------------

【今(2008年1月現在)】

やっぱり3月末まで滞在してみる!!

ワーホリビザは結局1年間有効なわけだから、

ギリギリまで居ることにします~!!

-----------------------------

…こんな感じで、

当初の予定とは心境もこれだけ変化しました。

実際来てみないとわからないものなんだな~。

-----------------------------

でも、持ち物も当初の予定のままで来ているため、

冬の対策全くなし!!!

今、徐々に冬物の洋服買ったりなど、

準備をしているところです。。。

-----------------------------

だから、カナダに今後来る予定の方々には、

「冬物の準備は入念に!!」を

口すっぱく言っている私でした(^_^;)

…まぁ私の場合は自業自得ですから(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<カナダMTLワーホリ お役立ちサイト一覧>

Photo ←いやぁ~へたくそです(笑)

まぁいいや♪

---------------------

モントリオール(略してMTL)へ来る為に

沢山の情報をウェブサイトから探しました。

お役立ちサイトをお教えします。

注)私は元々モントリオールのみに滞在する予定だったので、

  主にモントリオールで役に立ったサイトです。

-----------------------------

カナダ大使館

http://www.canadanet.or.jp/

-----------------------------

ワーキングホリデー協会

http://www.jawhm.or.jp/

-----------------------------

アブロードカナダ

http://www.abroadcanada.com/sitemap.htm

↑このエージェントは、バンクーバーにオフィスがあります。

 しかしながら、カナダについての情報満載です。

-----------------------------

TDカナダトラスト

http://www.tdcanadatrust.com/japanese/index.jsp

↑カナダの中でも大きい銀行です。

 バンクーバーには、日本人専用の窓口があるようです。

 よって、日本語サイトも有り。

-----------------------------

ケベック州政府観光局

http://wcs.ne.jp/bonjourquebec/index.html

↑観光などに役立つ現地情報満載。

-----------------------------

e-maple<カナダ総合情報サイト>

http://www.e-maple.net/index.html

↑ワーホリで、仕事をする予定の方は必ず必要な、

 SINの取得の方法などが載っています。

-----------------------------

ついでにSINのサイト。

http://www1.servicecanada.gc.ca/en/sc/sin/index.shtml

カナダで働く場合には、これが必要になります。

必ず取得してからでないと、働くことが出来ません

-----------------------------

人材カナダ

http://www.jinzaicanada.com/index.html

↑これは、英文履歴書(レジュメ)作りの際に、

とっても役に立つサイト。

該当箇所に必要事項を入れるだけで

英文履歴書が完成!

-----------------------------

在カナダ日本大使館

http://www.ca.emb-japan.go.jp/JapaneseSite/index_j.htm

-----------------------------

Ichikoの素敵に海外へ行こう!

http://kissxxxx.fc2web.com/index.htm

↑Ichikoさんのカナダワーホリ経験談や、

 とっても役立つワーホリ用「持ち物リスト」など見所満載。

-----------------------------

☆以下、モントリオールにて役に立つサイトです。

-----------------------------

from-montreal

http://www.from-montreal.com/

↑日本人なら、このサイトは欠かせません。

 ここには求人情報、アパート情報、イベント情報など

 日本人に必要な情報が集まっているサイトです。

-----------------------------

CoCo Montreal(ココモントリオール)

http://www.cocomontreal.com/index.htm

↑ココモントリオールという日本語フリーペーパーが

 モントリオールには有ります。

 そのウェブサイトです。

 ここには、現地でしか分からないような情報が満載です。

 (例えばコミュニティーセンターの語学クラスに関してなど)

-----------------------------

STM

http://www.stcum.qc.ca/English/a-somm.htm

↑これはモントリオールの地下鉄およびバス会社です。

 モントリオールはバスも充実しているので、

 ここでよくバスの時刻表等、調べています。

-----------------------------

montreal craigslist

http://montreal.craigslist.ca/

↑これは、モントリオールのクラシファイドのサイトです。

 アパート情報や、仕事情報が満載。

 これなら、現地の求人等も調べることが出来ます。

-----------------------------

マギル大学のクラシファイド

http://www.mcgill.ca/classified/

ここにもアパート情報等、載っています。

-----------------------------

これはおまけ↓

カナダポスト(カナダの郵便局)

http://www.canadapost.ca/segment-e.asp

-----------------------------

モントリオールの移民学校(フランス語)住所一覧

↑私はここで、フランス語を習っているところです。
 移民者が通う語学学校ですが、
 ワークパーミット(就労ビザ)があれば通うことが出来ます。
 (移民学校で英語を教えている場所もあるようなのですが、、、
  私はまだどこか分かっていません。。。)
-----------------------------
モントリオールの天気
↑これは必要ですからね♪
-----------------------------
こんな感じですかね??
思いっきりリンクばっかり貼ってしまいましたが、
これって、勝手に貼ってもいいんだろうか。。。??
一応、あるサイトの管理者には
断りのメールを送ってみたんだけど、
返事ないしな~。。。
何か問題有ったら、きっと連絡くれるだろう。。(^_^;)
そのときは、謝ろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

お父さんの優しさ

Photo_2 ←落書き。これ一応花とハートです(笑)

なんか気持ち悪いですかね??

-----------------------------

カナダへ行くって決めた時から、

周りの人も説得しなくては。。と思い、

まず父親に相談しました。

-----------------------------

うちのお父さんは、私がこの事を打ち明けたとき、

少し「反対」というか、説得されました。

「それより少し実家に帰ってきてゆっくりしたらどうだ?」

…これは、きっとお父さんが

「この子は病んでいる!!!

 仕事できっと疲れたんだ。。。

 海外逃亡するなんて…」なんて

思ったんじゃないかしら??(私の予想)

真相はわからないのですが。。。

今思えば、これは優しさなんですよね。きっと。

お父さんは、会社を辞めるっていう事に対して、

私が心配になったんだと、私は解釈しました。

カナダへ行くということよりも。

(もちろんこのことも心配になったと思いますが)

…「会社辞める=会社が嫌になった」っていう人も

多いですからね。

-----------------------------

しかしながら、ケンカはしなかったけども、

どうしても私も自分のワガママを通したかった為、

何度もメールのやり取りもしたし、

自分の意見をお父さんに伝え続けました。

「私病んでないよ!でもカナダに行きたいんよ~!!」って。

(この自分の言い方も今考えるとちょっと笑えますが(笑))

そのうち、お父さんは私の要求を認めてくれました。

この気の強い小娘には何を言ってもダメだ。。

と思ったのかもしれません。

…本当にワガママでごめんなさい(^_^;)

-----------------------------

でもその優しさも今実感しています。

実際海を越えて、これだけ離れたから

分かることも沢山ありました。

でも、良い意味で、お互い言いたいことも言える

親子関係でよかったな~と改めて思います。

日本に帰ったら、親孝行しなくっちゃな~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワーホリビザを申請するにあたって。

Photo ←下手な落書きですいません(笑)

これからもちょくちょく落書きを

登場させようかと思います(笑)

-----------------------------

そうそう、ワーホリビザを申請するにあたり、

友達は留学エージェントを利用したそうです。

(代行で申請してもらうっていう。。。)

しかしながら、私はその必要が無いと思ったので、

自分で情報収集、申請を行いました。

-----------------------------

カナダ大使館のHP

http://www.canadanet.or.jp/

ワーホリに関するページ

http://www.canadanet.or.jp/p_c/wh_geninfo.shtml

…2008年度からワーホリ申請料がかかるんですね。。

私が来た2007年度はまだ無料だったので、

ギリギリセーフだったわけだ!!!

-----------------------------

ある方の噂では(あくまでも噂です。)

申請料取る代わりに、

募集枠を2万人まで増やそうという案があるそうです。

(不確かですが。。。)

それだけ年々、カナダでワーホリをしようという

方々が増えてきている証拠ですね!!

-----------------------------

また申請書の書き方がイマイチよくわかりませんでした。

その時、ものすごく役に立ったのが、やっぱり「mixi」。

インターネットで検索しても

古いのやら新しいのやら、どれが本当なのか

情報が膨大すぎてよくわからないのですが、

mixiのワーホリ専用コミュニティーは

皆で作っている感があるので、

情報が確実に近い!!(しかも最新情報)

本当におススメです。

-----------------------------

…あれ?私のブログ、ちょっとハウツー本みたいに

なってきましたね(笑)

まぁいっか~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会社辞めなくちゃ。。。

Photo_3 ワーキングホリデーでカナダへ行くと決めたからには、

どうしても避けられないのが「会社を退社すること」。

-----------------------------

私は某商社で営業事務をしていました。

この会社は、時代の流れによって、

経営が滞っていたわけで、

職場環境が良いかと言ったら、

「良い」とはハッキリ言えませんでした。。

でも私はこの会社が好きでした。

…何が好きかって「人」です。

-----------------------------

「人」にはものすごく恵まれていたと思います。

私は会社で一番若かった?っていうのもあってか、

すごくかわいがって頂きました。

上司からも。

他の部署の方々からも。

居心地もすごく良かった。

-----------------------------

また、仕事も任せてもらえたりして、

忙しいなりに、それなりのやりがいはありました。

-----------------------------

でも、やっぱりやりたいこと、今しか出来ないことを

諦められない自分が居ました。

-----------------------------

いざとなると、なかなか勇気は出ないもんですね。。

半年間程、ずっとずっと悩んだ挙句、

今しかできないことを選んだわけです。

-----------------------------

選んだは良いけども、

またこれを上司に「いつ」「どう伝えるか」。。。

何日も何日も悩みました。

もう勢いで言ってしまおうと行動に出ることが出来たのは、

2006年12月29日。

これは、2006年仕事納めの日です。

「実は、会社を辞めさせて頂きたいのですが。。。」

ギリギリになってやっと伝える事ができたのです。

あぁ~、、良く勇気振り絞れたな~。。。

-----------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ワーホリ中に購入した本】

Photo_2 「ワーホリ準備で参考にした本」のついでに、

「用意しておけばよかった~。。。」と思い、

こっちの日本人コミュニティーウェブサイトで

中古の本をいくつか買いました。

この様に、カナダではそれぞれの都市に

日本人コミュニティーが存在しているようで、

個人個人で、物々交換や、日本の物を売買したり、

そんなことも出来ます。

でも日本の書籍を手に入れるのは、

なかなか難しいので、できるだけ日本で

ご用意頂いたほうがいいかな?

-----------------------------

*フランス語参考書

  →いやぁ~。。。これは無くて本当に困りました。

   「どうせ超・初心者だし。

   学校で教えてもらえばそれで分かるだろう」

   …なんて思ったのが大間違い!!

   一番最初の授業で。。。もうショックを受けました。

   「フランス語ってこんなに難しいの!?」

   …もしフランス語をこちらで学ぼうとしている方。

   ぜひ一冊日本語で説明の書かれた参考書。

   日本から持ってきてください!!!

   (じゃないと、きっと最初の授業でショック死しかけます(笑))

-----------------------------

*他の国の「ガイドブック」

  →モントリオールMontréalって

   「ニューヨーク中心街までバスで10~12時間程」

   「パリまで飛行機で6~7時間程」

   …旅行を第一の目的で来ているワーホリの方々も

   沢山居ます。私もこっちで沢山旅行しました。

   「もしかしたらニューヨークに行くかも!?」

   「もしかしたらパリに行くかも!??」

   って方はぜひともガイドブックを用意した方が

   後々重宝します♪

-----------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ワーホリ準備で参考にした本】

Photo まず、ワーホリへ行くと決めてから

色々と情報収集しなくては。。。と思い、

沢山のウェブサイトを参考にしたり

(↑また後日ご紹介します)

本屋や図書館で沢山の本をあさったり。

あの時の私は本当に生き生きとしていたと思います(笑)

-----------------------------

【ワーホリの準備で参考にした本】

*地球の歩き方 カナダ東部

  →これは定番。必需品。カナダ全土のもありますが、

   モントリオールが東部なので、

   ここについてより詳しく書かれているのを選びました。

-----------------------------

*地球の暮らし方(カナダ版)

  →これは地球の歩き方」の長期滞在者用。

   実際長期間暮らすために必要な情報満載。

   カナダの公共機関、各種制度、

   また、マナーなどについても詳しく書いてあります。

-----------------------------

*旅の指差し会話帳(カナダ版)

  →私、これ個人的に好きです(笑)

   可愛いイラストと共に必要最小限の単語・フレーズが

   書かれています。

   カナダ版には英語の他にフランス語もちょっとだけ

   載っています。これ便利で好きです♪

-----------------------------

*韓国語会話帳(ダイソー)

  →これは、今思えば私には必要無かったかな?

   なぜ買ったかって言うと、

   語学学校には、韓国人が沢山居るっていうから。。。

   私は全然使いませんでした。

   (現地のコミュニティーウェブサイトで売っちゃいました(笑))

   でも友達は韓国人の友達に良くその会話帳を

   使って、会話してたようです。

   別の友達はブラジル語までダイソーで買ったようです。

   バンクーバー辺りには、ブラジル人も多いそうですよ。

-----------------------------

こんな感じでしょうか。

本屋で沢山立ち読みもしました(笑)

とにかく自分一人で海外へ飛び出す訳ですから、

自分自身で沢山の情報を収集しないとと

本当に沢山の本を読みあさりました。

もちろんウェブサイトと共に。ね。

-----------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カナダ・モントリオール(Montréal)を選んだ理由

Maple_leef ワーキングホリデー。

http://www.jawhm.or.jp/

(これは日本ワーキングホリデー協会のサイトです)

このサイトを見ていただくと分かるとおり、

ワーキングホリデーで行ける国は9カ国あります。

(2008年1月現在)

この中で、どうしてカナダを選んだのか。

-------------------------------------

1.カナダというより、モントリオール(Montréal)に行きたかった。

どこに行こうと悩んだとき、

これもまたmixiのコミュニティーで知り合った方から

そういうお話を頂きました。

「モントリオールがおススメです。

 なぜなら、カナダの中でもココはフランス語圏!!」

(えぇ~!?カナダ人の中にフランス語話す人が居るの?)

↑その時はそう思いました。

「でも、モントリオールの人々は英語とフランス語の

 バイリンガルの人がほとんどだから、

 英語も学べて、フランス語も学べる!」

(…なんてお得な街なんだ!!)

「街並みもヨーロッパ風できれいなんですよ」

(…こりゃ~ココにするしかない!)

…こんな感じで単純な私は無謀にも「フランス語」にも

手を出すことにしました(笑)

-------------------------------------

2.カナダは比較的治安が良い。

私は海外経験が本当に無くて、

(なんてったって、家族旅行のサイパンのみ)

「海外が怖い所」っていうイメージが強かったのです。

(ビビリですから(笑))

その中でも治安の良いとされているカナダなら

なんとか行けるかな~なんて思いました。

-------------------------------------

3.カナダにはオーロラがある!!

私、「オーロラを見ること」が沢山ある夢の中のひとつで、

本当に憧れています。

カナダのオーロラの名所は「イエローナイフ」という所です。

しかしながら、ワーホリで8ヶ月も居るのに、

いまだに行けていません。。。

しかも今後も行けそうにありません。。。

(お金ないんだもん。。。)

まぁこれは、一度日本に帰って、カナダへ再度来る時にでも

再度挑戦しま~す(笑)

ツアーも沢山あるしね。

-------------------------------------

4.比較的、なまりの少ない英語を学べる。

英語の発音はどれが正しいなんて無いんだけど、

自分達は英語の勉強が始まった頃から、

「アメリカン英語」を習ってきました。

だから、それに近い発音って思ったんでしょうね。。。

(だからと言って、アメリカには憧れはありませんでしたが)

今思えば、所変われば、発音だって言葉だって変わるし、

その土地では、それが正しいものだから、

どれが間違っているなんて無いのに。

(日本にもたくさんの方言やなまりがあるのと同じように)

ちょっと私にも偏見があったのかもしれません。。。

(反省。。)

-------------------------------------

5.なぜか他の英語圏より魅力を感じた。

…これは、正直直感です。

なんでなのかはイマイチ説明できませんが、

なぜか、すぐに「カナダ」って思ったんですよね。

アメリカって国はあんまり気が向かなかったし、

もしかしたら、知り合いの知り合いが、

「オーストラリアに行く」っていうのを

聞いたからかな。。??

ひねくれものの私は

「同じところは嫌」なんて思ったのかも(笑)

-------------------------------------

【写真】

10月末頃に、学校の近くの公園で見つけた

メイプルの葉。

こんなに真っ赤になるんですね。

-------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワーキングホリデービザで海外へ行こうと思ったきっかけ

In_toronto カナダ・モントリオール(Montréal)に来てから、

もうすでに8ヶ月が経ちました。

時間が経つのは早いです。

ここに来れたこと。本当に良かったと思っています。

-------------------------------

ところで。。。

ワーキングホリデー制度を利用し、カナダに来たきっかけとしては。。。

1.一度でいいから海外生活がしてみたかった。

海外旅行と言えば、中学生の時に家族で行ったサイパンのみ。

短大の卒業旅行ですら海外へは行きませんでした。。。

でも、なぜか小さい頃から「世界ふしぎ発見」ていうテレビ番組が好きだったり、

一時期小学生の時に流行った「プロフィール帳」(友達に用紙を配ってプロフィールを書いてもらうあれです。)にも

「海外永住」 「国際結婚をする」

…なんて書いてました。

当時は大して意味わかってなかったと思うけど。

幼いながらも、なんとなく、憧れや興味が向いていたのかもしれません。

-------------------------------

2.英語を習得したかった。

英語ができるだけで、その人は私には輝いて見えました。

そういう人に自分もなりたかったのか、

社会に出て、「習い事」を始めようとしたときに、

真っ先に「英会話」を選びました。

でも実際、2年間英会話学校に通っても、全然上達せず。。。

もうこれは思い切って海外に出たほうが早い!!なんて思ったのです。

-------------------------------

3.mixiで、ワーキングホリデーというものを知った。

私は、海外に英語を学びに行くのに、

留学っていう手段しかないと思っていました。

…まだ無知だったんですね。。。

でも留学っていうmixiのコミュニティーで

ワーホリ制度を知ったのです。

それを知った時から、私の進む方向は決まったと言っても

過言ではありません。

http://www.jawhm.or.jp/

(日本ワーキングホリデー協会のサイトです)

-------------------------------

4.海外で働きながら、資金を補いつつ、海外生活を送ることができる。

…これはワーホリ最大の特徴です。

就労許可証があるっていうだけで、今思うと、お得なことが本当に沢山ありました。

学生ビザでは通うことの出来ない「移民学校」にて

語学を超破格の値段で学ぶことができたり。

移民者ではないのに、移民者と同じようなサービスを受けられたり。

(全てではありませんが)

もちろん、自分で生活資金も稼げる。 

(ビンボーOLだった私には本当に重要!)

それだけでも十分長期滞在が可能になります。

長期滞在するって、旅行などの短期じゃ分からない部分も沢山体験できる。

それだけでもすごいことだと思います。

-------------------------------

5.今の年齢なら、一度会社辞めてワーホリから戻ってきても社会に復帰できる。

自分がやりたいことをするのに、「年齢は関係ない」

そう思いたいですが、実際のところ、

日本の社会は、まだまだ厳しいです。。。ひぇ~。。。

中途採用も年齢制限ある場所多いし。。。

今ならまだ戻ってきても再復帰できる年齢!

(これで年齢ばれちゃった??)

親も、おじいちゃん、おばあちゃんも元気だし、

私はまだ独身だし(笑)何にも責任背負ってないし!

今しかない!と思ったのです。

-------------------------------

6.自分を試してみたかった。

いやぁ~、自分としては間違った人生送ってはいないと思っていたし、

人生に迷っていたわけでもないんです。

会社をすっごく辞めたかったわけでもない。

だからと言って、自分にはこれといった「とりえ」も無い。

でも、やっぱりやりたいことは心の奥底にずっとあって、

それに賭けてみたい。なんて思っていたんだと思います。

また、それで自分がどこまでやっていけるのか、

実力も見てみたかった。

…人生で一度くらい、冒険してみてもいいかなって。

-------------------------------

今ざっと挙げて、これくらいかな??

やりたいことをやらずに後悔するより、

実際やってみて後悔するほうが、マシ。

その方が納得して諦められる。

自分はそう思い始め、実際に行動してみた次第であります。

-------------------------------

【写真】

初めて航空会社エアカナダの飛行機に乗ったときに撮った写真です。

懐かしい。。。

-------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (1)

初ブログ

Photo

初めまして。

ただいま私は、カナダ東部モントリオール(Montréal)という街に滞在しております。

ワーキングホリデーの真っ最中です。

日本とモントリオー ルは14時間(サマータイムには13時間)の時差があります。

今現在、2008年1月3日(日本時間では2008年1月4日)。

年始ということもあり、新しい事を始めるにあたって、

以前から興味のあった、ブログに挑戦してみました。

気楽に、また、気の向くままに続けていけたらいいな。

-----------------------------

【写真】

これは、2008年カウントダウンの際に、

オールドモントリオール(Old-montreal/Vieux-Montréal)で見た

打ち上げ花火。キレイでした。

-----------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年2月 »